So-net無料ブログ作成

シャラポワ、ドーピング検査で陽性会見 [まとめ]

1 名前:Egg ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2016/03/08(火) 12:49:26.32 ID:CAP_USER*.net
女子テニスの人気選手、マリア・シャラポワ選手がことし1月の全豪オープンで行われたドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したことが分かりました。
シャラポワ選手は7日に記者会見して、服用していた薬の成分が新たに禁止薬物に指定されたことを知らなかったと釈明しました。

これは7日にシャラポワ選手が、アメリカのロサンゼルスで記者会見して明らかにしました。
それによりますと、シャラポワ選手は数日前、ITF=国際テニス連盟から連絡を受け、ことし1月の全豪オープンで行われたドーピング検査の結果、禁止薬物に陽性反応を示したという通知を受けました。

この薬物について、シャラポワ選手はこの10年間、医師から処方され服用していた薬の成分が、ことしから新たに禁止薬物に指定されたことを知らなかったと釈明し、「私は大きな間違いを犯した」と述べました。
違反に対する処分はまだ決まっていないというということですが、シャラポワ選手は会見で「私にもう1度チャンスを与えてほしい」と、今後も競技を続けたいと訴えました。

28歳のシャラポワ選手は2004年のウィンブルドン選手権で四大大会に初優勝し、2012年の全仏オープンで四大大会すべてを制覇する「生涯グランドスラム」を達成しました。
しかし最近は左腕のケガなどに苦しみ、全豪オープンのあとは大会に出場せず、世界ランキングは7位となっていました。

NHK 3月8日[火曜日]
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160308/k10010435311000.html

女子テニスの元世界ランキング1位で、四大大会通算5勝のマリア・シャラポワ(28)=ロシア=が7日、
米ロサンゼルスで記者会見し、1月の全豪オープンの際のドーピング検査で陽性反応を示したことを明らかにした。

10年にわたって服用してきた薬が1月に新たに禁止薬物となったことを認識せずに、摂取を続けていたという。
国際テニス連盟(ITF)からどのような処分が下るかは未定。

シャラポワは「大きなミスを犯したが、こういう形で引退はしたくない。復帰するチャンスを望んでいる」と話した。
尾崎豊の死因(自殺か他殺か)がまた話題になった日(2011,11,19)
時事通信 3月8日(火)5時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160308-00000011-jij-spo

FOX sports asia Sharapova failed drug test
http://www.foxsportsasia.com/tennis/news/detail/item202785/sharapova-failed-drug-test/

写真


1★2016/03/08(火) 06:05:24.50
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457384724/

前スレ
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457385012/

続きを読む


nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ