So-net無料ブログ作成
検索選択
資格は四角 ブログトップ
前の10件 | -

建築施工管理技士の受験概要を知る [資格は四角]

建築施工管理技士の受験概要はどうなっているのでしょうか。すごく大きく分けますと、建設業法第27条の2に基いて実施されている資格ということがまずいえます。そうて、1級建築施工管理技士、2級建築施工管理技士に大別されています。それが大きな説明になります。ということで、建築施工管理技士の受験概要や対策などについて、ご説明ましょうね。建築施工管理技士の検定試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)には、1級と2級があり、二級は加えて、建築、躯体、仕上げに分かれているのです。1級建築施工管理技士の試験は、学科が6月の第二日曜日、実地が10月の第三日曜日に実施されるのです。受験料は、学科と実地のそれぞれで9400円ずつ必要だといわれています。2級建築施工管理技士の試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)は、十一月の第二日曜日に学科も実地も行われます。受験料は、学科と実地をあわせて9400円で、学科のみ、実地のみであるなら、五千円と思います。後半は日記の後で。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

建築施工管理技士様々な資格の総称 [資格は四角]

建築施工管理技士という資格があります。具体的にどんな資格か。なかなか想像しにくいのではないかと思います。それはそうです。なぜなら、その名称は様々な資格の総称だからです。ひとつひとつを細かく見ておく必要があります。ということで、今回はそこを見ていきましょう。建築施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の資格の中の一つでしょう。施工管理技士には、建築施工管理技士の他にも、建築機械施工・土木施工管理・電気工事施工管理・管工事施工管理・造園施工管理と全部で6種類(それぞれに違いがあるものです)あるのです。そのなかでも、建築施工管理の資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)は、建築工事において工事の進行と施工を指揮管理可能な資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)だと言えるのです。建築施工管理士には一級と二級があって、大規模な工事で主任技術者・管理技術者になるのであれね、1級資格を取得する必要があるんです。工事の進行と施工を管理する資格ですから、その就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)先は建築関連の職場と思っております。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

マンション管理士を受験しよう [資格は四角]

マンション管理士について興味がわいてきましたか。沸かないはずがないですよね。ではでいてきたとして、資格を得るには合格しなければなりません。受験しよう、ということになるわけです。では受験はどうすればいいのでしょうか。それには所定の手続きを経て定められた資格試験を受験しなければなりません。マンション管理士(マンション管理士の団体が多?存在していて、その団体ごとに考え方などが畭なっているそうです)の受験概要や対策などをご紹介していきますね。始めのうちは、受験概要かと言って、受験資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)は特にありませんから、どういった方でも受験する事ができます。毎年1回、十一月の最終日曜日に、財団法人マンション(ファミリー型とワンルーム型に分けられますが、近年では多様化しているようです)管理センターによっても試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)が実施されているのです。試験内容は、マンション(アパートの規模を大きくしたものを指します)の管理に関する法令や実務、管理組合の運営、マンション(高級感を与えるために住宅販売業者などが使い始めたと言われています)の建物や付属施設の構造についてなど、非常に専門的で多岐にわたります。受験手数料として9400円が必要で、合格後の登録に、登録免許税として9000円、登録手数料として4250円、それに、収入印紙代300円と住民票などといった必要書類の発行手数料が掛かります。受験案内や申込書は、8月1日から10日2日の間に配布されます。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

マンション管理士、管理組合をアドバイス [資格は四角]

マンション管理士という資格が、マンション時代の昨今、注目されています。マンションには管理組合という組織がありますが、そのコンサル業務を行う人で、当然一定の専門知識が必要ですが、それを有していることを証明する国家資格です。コンサル業というのは、現代のような高度で複雑化した時代には必要な仕事であり、つまりはその資格は重要ということです。マンション管理士とは、比較的新しく出来た国家資格(有用性が高い分、取得するのが困難だといわれています)の一つです。今、日本にはたくさんのマンション(アパートの規模を大きくしたものを指します)があり、日々増えつつあります。これまでは、管理会社がマンション(実は和製英語なんだそうです)の管理を行ったり、大家さんが管理を行ったり、管理会社が雇った人が管理人をしたりするのが一般的でした。しかし、いろんな問題が発生するようになり、マンション(アパートの規模を大きくしたものを指します)管理をする人たちに的を射た助言をするための国家資格(有用性が高い分、取得するのが困難だといわれています)が創設されました。マンション管理士(全国各地にマンション管理士が加盟する団体があるようです)の資格があれば、マンション(実は和製英語なんだそうです)管理組合の運営を行ったり、管理組合や管理についての相談を聞きたり、助言を行う事が出来るでしょう。つまり、管理組合側と管理会社側との仲介などを行なって、トラブルや問題を解決させる為のアドバイスを行う事が出来るでしょう。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ビジネス実務マナー検定、受験の仕方 [資格は四角]

ビジネス実務マナー検定について前回ご紹介しました。それに対する関心や受験の意欲などもわいてきたかもしれませんが、では受験はどうすればいいのか、という問題があります。いわゆる受験の仕方ですね。受験は全国で行われています。希望地区を決めて受験することになります。受験料もかかりますが、合格しなければしかくは取得できません。とにかく実践あるのみではないかと思います。ビジネス実務マナー検定(ビジネス文書検定も同時に受けておくといいかもしれません)の受験概要や対策などに関して、御紹介していきます。始めてすぐは、受験概要そうはいっても、受験資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)は特にないのです。試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)範囲は一級・2級・3級とも共とおしており、「必要となってくる資質・企業(CMでのイメージと実態ってけっこう違うものですよね)実務」の理論と「対人関係(ちょっとしたものの言い方や態度によってもかなり違ってくるようです)・技能」の実技に分かれています。どっちも60%以上の得点が必要です。出題形式は、二級・3級がマークシート方式(ある進学塾の調査によると、文章で回答する記述式や記号を回答する選択式よりも、マークシート方式を好む大学受験生が多いそうです)と記述問題、1級は記述問題のみだとされているのです。後半は日記の後で。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ビジネス実務マナー検定を受けてみよう! [資格は四角]

ビジネス実務マナー検定という資格が現在注目されています。いったいどういうことか。ここに今回注目してみたいと考えたわけですがいかがでしょうか。ビジネスマンとして適切なふるまいができるのかどうか、ビジネス社会の基本ルールを判断される資格なんです。ビジネス実務マナー検定とは、この資格を持っていなければ出来ない仕ことがあるという訳ではないのですが、一般企業(それぞれのカラーがあるものですよね。社長や社員をみるとある程度の雰囲気はわかるかもしれません)への特に事務系の就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)に有利になる資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)です。ビジネス実務マナー検定(一般的な知名度では秘書検定の方が上でしょうね)では、一般的なオフィスワークにおける正しい電話対応や文書作成などと言ったスキル(訓練によって身につけたものをいいますが、才能も関係してきます)をテストします。他にも、来客時や営業先でのビジネスマナーや社会人(何かと責任がついて回るものです)としての一般常識などの基本的なビジネス実務とマナーを身に着けていることを証明することができる資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)です。資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)を取得できる検定としては、割と難易度が低いだと言えるでしょう。しかし、2級以上を取得していれば一般事務系での就職(一般的には、正社員として職業を得ることをいいます)に有利な資格と言えるのです。特に学生(できることならもう一度戻りたいという方と絶対に二度と戻りたくないという方に分かれるようです)からの就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)では、特殊な専門学校(職業、または、生活に必要な能力の育成や教養の向上を図ることを目的しています。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

福祉住環境コーディネーターの内容 [資格は四角]

福祉住環境コーディネーター、という資格もあるのですが、ご存知ですか。高齢化社会と言われている日本で、これからどんどん需要が高まるであろうと予想されている資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)の一つに、「福祉住環境コーディネーター(最近では、ボランティアをしたい人とされたい人を繋ぐボランティアコーディネーターも注目を集めています)」があるんでしょうか。耳慣れない資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)かもしれないですが、高齢者や障害者などといった介護が必要である人が住みやすいと思われるような住宅環境を提案する、アドバイザー的な守備を行っています。福祉、保険サービスなどの情報の提供や、福祉用具、介護用品、更には、家具に至るまでの選択と利用法の助言を行う事もあるかもしれませんね。また、医療や福祉、建築などについても体系的で幅広い知識を身につける事により、住宅の建築士やケアマネジャーといった各種プロの人とクライアントとの間の、橋渡し的な存在になる可能性もあるでしょう。つまり、福祉住環境コーディネーター(最近では、ボランティアをしたい人とされたい人を繋ぐボランティアコーディネーターも注目を集めています)には、全部の意見をまとめる調整役としての一面もあるものです。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

貸金業務取扱主任者って何だと思います? [資格は四角]

貸金業務取扱主任者。おそらくは耳慣れない資格だと思います。世の中が細分化・高度化されると、様々な分野にエキスパートが誕生するということです。二〇〇九年(平成21年)6月の「改正貸金業法」の施行に伴って誕生した国家資格(税理士や行政書士など、その国家資格の試験に合格しなくても、他の国家資格に合格するなどすれね、取得できる国家資格もあります)が、「貸金業務取扱主任者」です。新たな国家試験(国試と略され、実際に試験を実施するのは、国や地方公共団体から委託された団体です)が開始されたと一時は注目を集めていた資格でしたね。けれど、そうはいっても具体的にいえねどの程度の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)なのか、いま1つ理解できない方もいらっしゃるでしょう。貸金業務取扱主任者は、日本貸金業協会が実施する貸金業務取扱主任者資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)に合格し、主任者登録を完了した人のことを指すのです。法改正により、消費者金融などといった貸金業者は、従事する者のうち50人にひとり以上の割合で、貸金業務取扱主任者を営業所、もしくは、事務所ごとに選任して配置するよう義務付けられる事となったのです。貸金業務取扱主任者の役割は、消費者金融などと言った貸金業者が法令遵守を徹底して適正な業務が行うことの出来るように指導したり助言を行ったりすることによりす。そのため、他の従業員は貸金業務取扱主任者の指導に従わなければならない事なっているんです。当然、貸金業務取扱主任者自身が違反行為を行った場合には、行政庁から解任勧告が行われることになりますね。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

気象大学校学生の活躍する舞台 [資格は四角]

「気象大学校学生(できることならもう一度戻りたいという方と絶対に二度と戻りたくないという方に分かれるようです)」と言った資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)があることを御存知でしょうか?この資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)は、「学生(青春だったと思う方も多いことでしょう)」といった名称でありながら、実は立派な国家公務員であり、国から給料やボーナス(業績が悪いと支給額が減ったり、支給されないこともあるでしょう)も支給されています。気象大学校は気象庁の施設であり、気象庁の将来の幹部職員を養成するための大学です。入学後4年間にわたって、気象に関する専門知識や技術などに関する教育や訓練(警察官や消防署員など、特別な職業に就くために受けることも少なくありません)を受ける事になります。気象大学校は、気象庁職員に対する研修を行う研修部と、将来の気象庁幹部職員を養成する大学部とに分かれていて、気象業務のエリート(幼い頃から音楽やスポーツに関する英才教育を受けて育った子供をこう呼ぶこともあります)を育てる為の大学と言って過言ではありません。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

医師国家試験の現状 [資格は四角]

医師国家試験です。医学部の人しか関係ないと思いますか。でも逆にこうした情報がきっかけとなって医学部に入る人もいると思うので、情報としては一般を対象にしたものがあってもいいんじゃないかと思っているのですが、いかがでしょうか。ということで、いってみますよ。医師国家試験の現状について。医師(名医と呼ばれる人からヤブと呼ばれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)免許を取得させる為の国家試験(その試験によっても難易度に差があります)に、医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)国家試験が行われます。この試験に合格すると、晴れて医師(不足気味だといわれて久しいですね。選択の余地もないような地域も少なくありません)として従事できるようになる訳ですが、この医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)国家試験(難易度が高い分、合格すると高いメリットがあるはずです)を受ける為には受験資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)と言う物があり、どのような方でも試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)を受けることは出来ません。厚生労働大臣(社会福祉と労働を担当している省庁の大臣になります)が、適当と認定した者だけがお医者さん国家試験(特定の資格がないとできない業務があったり、資格を持っている人だけができる業務もあります)をうけることができるようになっているのです。その為、お医者さん国家試験の受験資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)を得る為の試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)も用意されていますよ。それが、この「お医者さん国家試験(特定の資格がないとできない業務があったり、資格を持っている人だけができる業務もあります)予備試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)」といった資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)と思います。外国の医学校を卒業した人、もしくは、外国において医師(不足気味だといわれて久しいですね。選択の余地もないような地域も少なくありません)免許を得た人の中には、日本で医師(かかりつけを作っておくと、いざという時にも安心です)国家試験(合格しなけれね、就くことのできない職業も多いです)を受検するのでに医師国家試験(特定の資格がないとできない業務があったり、資格を持っている人だけができる業務もあります)予備試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に合格する必要があることもあるかもしれませんね。また、必ずしも外国の医学校を卒業した外国人ばかりを対象としているものでもなく、日本人(外国の方からみると、おかしいと思うことがよくあるみたいですね)が外国の医学校を卒業した場合など、個々に厚生労働大臣(社会福祉と労働を担当している省庁の大臣になります)が判断していますね。後半は日記の後でね。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | - 資格は四角 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。