So-net無料ブログ作成
検索選択

TOEICはどうすれば伸びますか [TOEIC]

TOEIC(いまや英検よりもずっと実用性が高いといわれている英語の資格だと思います)のスコア(上達してくると、伸び悩んでしまってなかなか壁を破れなくなるものです)が伸び悩んだ経験をもった方は多いのではないでしょうか?初めは順調に伸びていったTOEIC(いまや英検よりもずっと実用性が高いといわれている英語の資格だと思います)のスコア(なんにしても良いに越したことはないでしょう)も、ある一定の場所で全く伸ばすことが出来ない。そういった壁にぶ利用してしまって、トーイック自体を諦めてしまった人も多い事でしょう。それでは、伸び悩んだ時はどのくらいの対処方法を行うことでいいのでしょう?伸び悩んだ時って、決して勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)をさぼっている訳ではなくて、むしろ真面目にやっている場合が多いと思いますよね。だからこそ、スコア(初心者のうちは、あまり気にしないで基礎を固めることに重点を置いた方がいいですね)を維持する事が出来るためにしょう。スコア(上達してくると、伸び悩んでしまってなかなか壁を破れなくなるものです)が上がらないと言う事は、今までの勉強方法では限界があるということものです。

続きを読む


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

TOEICて何ですか [TOEIC]

そもそも、国際コミュニケーション英語能力テストとは、一体何でしょうか?TOEICとは、Test of English for International communicationの略称です。英語(日本人ってどうして苦手意識を持ってしまうんでしょうね)によるコミュニケーション能力(円滑にするためのテクニックなども一応はあるようです)を幅広く評価するテストで、世界共通です。現在では、世界約120ヶ国で実施されています。テストと言えば、合格か不合格で評価行う事がほとんどでしょうが、TOEIC(高い点?を取れねそれだけ就職や転職に有利になるといわれている英語の資格ですよね)には合否がないでしょう。10点から990点までのスコア(良い時の原因、悪い時の原因を追究することがさらなる好成績に繋がるでしょう)で評価されます。評価の基準は常に一定で、これにより自分の英語(昔、家でのドリッピーをやってました)能力を正確に把握することができるでしょう。そのため、独自にスコア(なんにしても良いに越したことはないでしょう)の目標を設定し、それに向けて学習する事が可能なんです。TOEIC(高得点=英語が話せる人という証明になる資格ではないでしょうか)のテストでは、リスニング(語学を学ぶ上では絶対に欠かせない、最初のステップともいえるでしょう)とリーディングで受動的な能力を測定し、スピーキングとライティングで能動的な能力を測定して、総合的な英語(最近は小学校でも授業があるらしいですね)の社交能力のレベルを測定します。

続きを読む


タグ:TOEIC
nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。