So-net無料ブログ作成
検索選択

必要証拠金の真相 [日経]

必要証拠金てご存じですか。FXには取引に当たって証拠金てよくいいますよね。証拠金というの担保のようなものです。通常の株式投資を行う場合、100万円分の株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)を購入しようとすると100万円の投資資金が必要となりますね。日経225(今から40年以上前に、日本経済新聞社が東京証券取引所から、その算出や公表を引き継いだのだとか)取引においても、今の価格が8000円だった場合の取引価格は、8000円×1000で800万円もの資金が必要となる計算だといえるはずです。ほとんどの個人投資家(近年では、ネットトレーダーなども増えていますね)にとっては、おいそれと準備できるような金額ではないのですね。そこで、日経225(日本経済新聞社の登録商標であり、海外でもNIKKEI225と表記します)では差金決済(株式投資の現物株取引では禁止されています)を取り入れています。つまり、日経225(ミニができてからは、ミニに対して「ラージ」と呼ねれることもあるようです)取引を行う証券会社(大手ネット証券としては、楽天証券やマネックス証券、カブドットコム証券などが有名でしょう)に対し、「証拠金(投資の際は、証拠金維持率にも注意した方がいいですね)」といわれる金額を預けることにより、その証拠金(委託証拠金と取引証拠金に分けることができるでしょう)よりも大きな金額の取引ができるようになりました。後半は日記の後にします。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

株の売買単位と手数料 [日経]

株の売買単位ってどう考えていますか。何か特別の考えはありますか。株自体は各企業が売買する単位を決めています。買いたい株があっても、企業が決めた単位数と折り合わないこともありますね。そう。企業ごとに株の売買単位には相違があるのですね。株の売買手数料ですが、約定金額や売買方法ごとに細かく設定されています。例を挙げますと、株(ネットでのトレードが主流となっていますね)式を買う場合、その会社によって1株から購入できる株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)もあるそうですが、一般的には100株(ネットでのトレードが主流となっていますね)や1000株が1つの単位として買う事が出来る最低売買単位ものです。そのため、1株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)の値段が100円であっても売買単位が100株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)であれば、10000円の投資金額が必要になると言う訳ですね。日経225(ミニができてからは、ミニに対して「ラージ」と呼ねれることもあるようです)も同じで、取引を行うための売買単位と言うものがあります。それが、「日経平均株価×1000倍」です。つまり、今の日経平均株価(併せてTOPIXの値動きも参考にしたいですね)が8000円であれば、8000円×1000倍で8000000円が最低売買単位になります。ちなみに、実際には日経225取引は証拠金(いざという時の担保ですが、損失が出た場合にはここから引かれてしまいます)取引ですから、その分の投資金額を用意する必要はありません。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

投資方法は短期か長期か [日経]

投資方法については、その期間をどうするかということがあります。短期にするのか長期にするのか、それによって運用方針は全く変わってくるのです。では、そのへんの判断はどうつけるべきかについて今回は徹底的にやってみたいと思います。投資方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)を期間で分けると、数ヶ月から数日で決済を行う短期投資(?時間、一日、長くても一ヵ月くらいの保有期間で、投資対象の売買を行う投資をいいます)と数年~数10年の期間にて決済を行う長期投資に大きく分けられると言われているようです。通常の株式投資(最近では、少額の資金からでも投資を始められるので、初心者でも参入しやすいでしょう)の場合であれば、初心者のうちは長期投資を目標にして取引を行った方がリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)管理も簡単でお勧めなのですが、日経225(今から40年以上前に、日本経済新聞社が東京証券取引所から、その算出や公表を引き継いだのだとか)の場合であればちょっと事情が異なるでしょう。日経225(ミニができてからは、ミニに対して「ラージ」と呼ねれることもあるようです)取引であるなら、限月と言う物が存在しているのです。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日経225の注文方法は? [日経]

日経225の注文方法。今日はこれについて徹底的にいってみようと思います。日経225(日本経済新聞社の登録商標であり、海外でもNIKKEI225と表記します)の注文方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)も、株取引(株を買うと、株主になることができ、その有価証券を発行している株式会社に出資したことになるのです)と同様にさまざまな注文方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)を用意しています。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

マージンコール(強制決済)の実態 [日経]

マージンコール(強制決済)というものがあります。なんだかご存じですか。ということで、マージンコール(強制決済)について今回は徹底的にやらなければならないでしょう。マージンコールというのは、担保として預け入れた証拠金が、現在の含み損を差し引いて大きなマイナスになった場合、証拠金の追加預け入れを求める警告のことです。現物の株取引(株を買うと、株主になることができ、その有価証券を発行している株式会社に出資したことになるのです)を行っている場合、取引期限と言うものは存在していないでしょうね。何年、何10年でも、その株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)式を保有することができます。それに対して日経225なんだったら、取引の期限が決められていると思います。決められた期限までに、どれくらい損失が確定していても全てのポジションを決済しなければならない決まりみたいです。また、もう一つの決まりとしてマージンコール(強制決済)があるんでしょう。これは、相場の急激な変動などにより、取引をしている証券会社(有価証券の売買を行ったり、売買の仲介を行ったりする会社のことをいいます)に担保(一般的には、人的担保と物的担保に分けることができます)として預けている証拠金(委託証拠金と取引証拠金に分けることができるでしょう)の金額が不足してしまった際です。こういった場合、このままでは取引が継続出来なくなってしまうので、証券会社は投資家に対してマージンコールを発動します。つまり、「証券会社(岡三証券や東海東京証券などがネットに強い証券だといわれているようです)が決めた期日までに、不足している金額を入金してくださいね」といった緊急の警告です。これを「追い証(追加証拠金(委託証拠金と取引証拠金に分けることができるでしょう))」と呼んでいるのです。マージンコールを受けた投資家(投資を行う人のことをいいますね。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お勧めの証券会社はどこなの? [日経]

お勧めの証券会社ってどこですか。株式ビギナーであれば、必ずする質問でしょう。それはそうです。ネット専業も含めたら、これだけ証券会社があるのです。どういう基準で選べばいいのかがはっきりしないとそこで止まってしまうわけです。ということで、今日はお勧めの証券会社について言及してみましょう。これから日経225(日本経済新聞社の登録商標であり、海外でもNIKKEI225と表記します)取引を開始してようと考えている方にとって、証券会社(大手ネット証券としては、楽天証券やマネックス証券、カブドットコム証券などが有名でしょう)選びも重要になります。「証券会社(岡三証券や東海東京証券などがネットに強い証券だといわれているようです)は、結局何処も同様でしょ」だなんて思っていたら大間違い。近年、オリジナルのサービスを充実させるようにし、差別化を図っている証券会社(野村證券や大和証券、みずほ証券が大手証券といえるでしょう)がとても多いとなっています。例えば、「岡三オンライン証券」。こちらは、業界最低水準の売買手数料の安さと証拠金(いざという時の担保ですが、損失が出た場合にはここから引かれてしまいます)の低さにおいて定評のある証券会社(有価証券の売買を行ったり、売買の仲介を行ったりする会社のことをいいます)です。知名度は低いかもしれませんが、初めて日経225(今から40年以上前に、日本経済新聞社が東京証券取引所から、その算出や公表を引き継いだのだとか)取引をやってみようという人にはおすすめでしょうね。初心者にも使いやすいトレードツールも準備されているのです。後半は日記の後で。



続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日経平均株価について [日経]

日経平均株価について今日は書きます。投資を行ったことがない方でも、「日経平均株価(日本政府の経済統計としても、国内外で広く認知されている指?です)」と言う言葉はニュースなどで聞いたことがあるんです。日経平均株価とは、簡単に説明するなら日本を代表する企業225社の平均株価の事で、日本の株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)式市場全体の動きを示す株価(ちょっとしたウワサやニュースなどでも大きく変動してしまうことがありますから、注意が必要でしょう)指数でもあるんです。海(スイカ割り、カキ氷、ビーチバレーと楽しみ方も色々あります)外では、「Nikkei225」と表記されたりもしているのです。それでは、一体誰が日本を代表する225社の企業(それぞれのカラーがあるものですよね。社長や社員をみるとある程度の雰囲気はわかるかもしれません)を選出するのでしょうか。日経平均株価(大きく下がったタイミングが初心者でも買いやすいといわれているようです)の「日経」とは、日本経済新聞(今でも読むのを楽しみにしている方が多いようです)を指しています。つまり、国内の経済情勢新聞(子供の頃はテレビ欄と4コマ漫画くらいしか読みませんでした)社が東証(東京証券取引所が正式名称です)一部上場銘柄(イメージではなく、経営状態などをきちんと確認し、分析する必要があるでしょう)の中から、流動性や業種などと言ったバランスをよく考えて選んだ日本企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)二十二5銘柄(初心者のうちは、買ったつもりでシュミレーションするのもいいかもしれませんね)ということになりますね。この採用銘柄は毎年定期的に見直しが行われており、臨時に入れ替えがおこなわれることもあります。後半は日記の後で。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

先物取引とオプションの違い [日経]

先物取引とオプション。どちらも日経225関連で使われる言葉です。その違いについて書きます。これから日経225(今から40年以上前に、日本経済新聞社が東京証券取引所から、その算出や公表を引き継いだのだとか)取引を始めようと思っていらっしゃる方の中には、日経225(日本経済新聞社の登録商標であり、海外でもNIKKEI225と表記します)先物と日経225(今から40年以上前に、日本経済新聞社が東京証券取引所から、その算出や公表を引き継いだのだとか)オプションにはどんな違いがあるのかをしっかりと理解できいない方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、225先物と225オプションの違いを見てみてください。まず、二十二5先物そうはいっても、こちらは定められた期日に決済することを前提とした取引です。定められた決済日までに価格が上がると予想すれば「買い」、下がると予想すれば「売り」を行います。その際に、定められた決済日以前でも利益が出た時点で決済を行って、損益を確定させる事ができます。一方、225オプションですが、こちらは定められた期日に権利だけを取引するもので、定められた決済時に購入する義務は発生しません。後半は日記の後で。

続きを読む


タグ:先物取引
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

日経225と長期投資について [日経]

日経225と長期投資について今日は書いてみます。具体的には、日経225は長期投資に向かないのではないか、という声が一部にあるのですが、それはどうなんだろうか、という話です。現在の日本の株価(約定があった時の直近価格ですね。株式投資をしていれね、気にせずにはいられないでしょう)は、かなり停滞気味のと言って過言ではありません。そう考えれね、今後は上昇するしかないからは?と思い、日経225(今から40年以上前に、日本経済新聞社が東京証券取引所から、その算出や公表を引き継いだのだとか)に対して長期で投資をしてみようと思っていらっしゃる方も多い事と言われているようです。確かに、それまでの日本の株価(ちょっとしたウワサやニュースなどでも大きく変動してしまうことがありますから、注意が必要でしょう)の歴史を振り返ってみれね、波はあったものの着実に値上がりを継続してきました。けれど、ここ10年近くの株価(約定にまで至らない場合には、気配値・けはいねといいます)をかんがえて見たら、景気低迷が続き、上昇の兆しが全く見えて来ませんよね。基本的に、このまま日本のデフレ(物価は下がるものの、失業の危険性が高くなるといわれています)が続いていく限り、企業の業績がのびない為に、大半の銘柄(初心者のうちは、買ったつもりでシュミレーションするのもいいかもしれませんね)において株価(ちょっとしたウワサやニュースなどでも大きく変動してしまうことがありますから、注意が必要でしょう)の値上がりは期待出来ないといっても良いかもしれません。これが個別の有望企業の銘柄(激動の世の中ですから、これまでの優良株がこれからもそうだとは限りません)であれば話は別とは言っても、デフレ経済が続く限り日経225(今から40年以上前に、日本経済新聞社が東京証券取引所から、その算出や公表を引き継いだのだとか)を長期で運用しようと思っても、殆ど期待出来ないと言う訳です。後半は日記の後で。

続きを読む


証拠金とはいったい何なのか [日経]

証拠金とはいったい何なのか。初心者がまず最初に悩む専門用語です。そこで、今回は証拠金について論じてみます。FX(Foreign eXchangeの略称で、日本語では外国為替証拠金取引と訳されています)の投資経験がある人だったら、「証拠金(投資の際は、証拠金維持率にも注意した方がいいですね)」と言う言葉は既に知っていることと思います。実際に取引をしている時は、この証拠金(証拠金維持率が50%を切ってしまうと、マージンコールがかかってしまいます)が必要となり、取引業者に預ける担保みたいな役割を果たしています。それでは、日経225(今から40年以上前に、日本経済新聞社が東京証券取引所から、その算出や公表を引き継いだのだとか)取引を行う時には、一体どれだけぐらいの証拠金(投資の際は、証拠金維持率にも注意した方がいいですね)が必要となってくるのでしょうか。まず、注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)しなければいけない事は、日経225(日本経済新聞社の登録商標であり、海外でもNIKKEI225と表記します)における証拠金とは、取引額にたいする割合であるFX(外為証拠金取引のことですね)の証拠金(委託証拠金と取引証拠金に分けることができるでしょう)とは異なり、オリジナルの指数を使って算出されるのです。この指数が、SPANパラメーターと呼ばれていらっしゃるのではないでしょうか。実際には、このSPANパラメーターを基準にしてSPAN証拠金(証拠金維持率が50%を切ってしまうと、マージンコールがかかってしまいます)を算出し、次に各取引業者が独自に定めたルールに従って必要証拠金(投資の際は、証拠金維持率にも注意した方がいいですね)が算出されます。後半は日記の後で……。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。