So-net無料ブログ作成
検索選択

株式投資の手数料について [株]

株式投資の手数料について今日はいってみましょう。日常的に株を取引する人ほど手数料は無視できません。せっかく株価が上がっても取引手数料で足が出たら何もなりません。最近は取引手数料がだいぶ安くなったネット証券会社も増えていますが、あなたならどこを選びますか。株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)投資の初心者(それほど上手じゃないのに教えたがる人には注意が必要ですねでなくても、売買時の手数料は頭の痛い問題のようです。特に、1日の取引回数が多い方や、投資金額が大きい方は、ちょっとでも安い手数料の証券会社(野村證券や大和証券、みずほ証券が大手証券といえるでしょう)で取引をしたいと思うのが本音(ほとんどの人が実際にいうことと内心思っていることは畭なっていることが多いでしょう)になると思います。そこで登場したのが、手数料を無料とした証券会社(野村證券や大和証券、みずほ証券が大手証券といえるでしょう)です。

続きを読む


逆指値で勝負する! [株]

逆指値ってご存じですか。指定の株価を決めておいて、それ以上になれば買い注文を出し、逆に指定の株価以下になったら売り注文を出すとい注文発注の条件をあらかじめもって予約注文をすることです。株式投資の場合には逆指値注文をいかに上手に行うかも大変重要になってきます。一般的に株の売買注文をしている時は、指値注文や成り行き注文をしている方が多いのでは無いでしょうか。けれど、損失を拡大させないようにしますのでや、買い場を逃したくない場合にとても便利な注文方法がありますね。それが、逆指値です。通常の指値注文の場合、例えば、株価(ちょっとしたウワサやニュースなどでも大きく変動してしまうことがありますから、注意が必要でしょう)が100円以上になれば売り、100円以下になれば買い、と言った方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)を取ります。けれど、逆指値の場合、株価が100円以上になれば買い、100円以下になれば売り、といった反対の方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤をくり返す方がいいこともあります)を取るかも知れませんね。このような注文方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)を行う理由は、ひとつにこれ以上損失を拡大させないケースもあるそうです。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ミニ株投資に適した証券業者 [株]

ミニ株投資について前回書きましたが、では、それに適した証券業者ってどこがあるのでしょうか。やっぱりこれだけ証券会社があれば、それぞれ特徴ってあると思うのです。そこで、ミニ株投資に適している証券業者も当然あるだろう、ということが考えられます。今回はそのことについていってみたいと思います。初心者(教えてもらって当然という態度を取られると、教える方もやる気をなくすものです)が株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)投資を始める場合、証券業者選びも重要になってくるでしょう。証券業者を選ぶ時のポイントは、当り前ですが、初心者(それほど上手じゃないのに教えたがる人には注意が必要ですねでもひと目で理解出来て注文し易いシステムであること、サポートの体制が充実している事、安心感のある大手の証券業者である事等が挙げられるとなります。けれど、そのほかにも、ミニ株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)を扱っている証券業者かどうかも重要な診断基準かもしれません。どうしてかといえねば、株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)投資にはある程度まとまった資金が必要だと言うことをご存じですか?有名企業(それぞれのカラーがあるものですよね。社長や社員をみるとある程度の雰囲気はわかるかもしれません)の株(ネットでのトレードが主流となっていますね)式であれば、100万円以上の投資資金が必要となるケースも多々あります。そういう場合、十分の一の資金から購入することが可能でるミニ株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)はたいへん魅力的だと思います。後半は日記の後で。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ミニ株の真実 [株]

ミニ株ってご存じですか。おもちゃの株ということではありません。その真実を明らかにしましょう。株式投資は普通、一定の株数で取引されます。ミニ株投資なら、その株を売買単元の10分の1から取引できるようになっていまるのです。つまり、その銘柄を買いたいときにお金がなくても、最低限の株数で買えるということです。いざ株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)投資を開始してようと思い、欲しい会社の株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)式の単位を見て驚かれた事はないでしょうか?如何に株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)式が1000円前後で取引されてあったとしても、その会社の単元(単元ごとに学習することでより理解しやすくなるでしょう)が1000株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)だったとしたら、なんと百万円前後の資金が必要のだとか。これが、株式投資(主婦が夫の収入以上の利益をあげた!なんて本がよく売られていますね)にはまとまったお金が必要だといわれる理由だと言えると思います。そこで、まとまった投資資金が用意できない個人投資家(近年では、ネットトレーダーなども増えていますね)のために現れたのが、単元(生活単元学習という指導方法もあります)株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)のバラセールスポイントです。つまり、決まった単元(?学や理科で特によく使われる表現かもしれません)株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)未満でも株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)の売買ができるわけですね。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

新規公開株の真相 [株]

新規公開株。IPO株ともいいますね。今からIPO株について徹底的にやってみようかと思います。新規公開株という言葉(時には武器にもなり、凶器にもなり、人を救うこともできるでしょう)、耳にしたことはないですか?IPOとは「Initioal Public Offering」を略したもので、日本語では「新規公開」ようですね。つまり、IPOは新規公開株(公募価格が安く設定されることをIPOディスカウントといいます)を指す言葉となっているのです。その新規公開株だからといって、一体どれくらいの株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)なのか興味(人によって何にどのくらいというのは違うものです)あるかも知れませんねよね。株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)の取引をする場合には、初めのうちは株式市場に上場しなくてはいけません。一般的に、この上場に際して新たに株(ネットでのトレードが主流となっていますね)式が公募されたり、上場前に株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)主が保有している株式が売り出されたりします。その株(ネットでのトレードが主流となっていますね)式を一般の投資家(継続的に投資をしている人や法人のことをいいます。昔は、相場師なんて呼ねれ方もしてました)も購入できるようにするのが、IPOです。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: