So-net無料ブログ作成
検索選択

CFDの口座開設はどこがいいか? [CFD]

CFDを始めるとして、ではいったいどこに口座開設をすべきでしょうか。証券会社はいろいろあるとは思うのです。ただし、それぞれに特色があるわけです。手数料とか使えるソフトウェアとか。その中で、CFD取引に最も適した会社を選ぶことが必要になってくるわけです。では具体的にどんなところでしょうか。CFD(日本では最近知られるようになった投資商品です)取引に興味(人によって何にどのくらいというのは違うものです)があって始めてみたいと思っても、すぐに取引を行うことは出来ません。まず、CFD(Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引と訳されます)取引業者さんにて口座を開設しなけれねダメなのです。けれど、現在では数?あるCFD取引業者が存在しているのですから、何処で口座を開設して良いのか迷う方も多いのではないでしょうか。まず覚えておきたい(徹底的に覚えるべきです)のが、CFD取引は相対取引であって市場取引ではありませんので、業者によって取り扱う商品の種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)が異なっていると言う事になります。自分が取引をしたい商品を取り扱っているかどうか、チェックしておく必要があるんです。また、取引コストの違いも重要になります。これは業者によっては異なると思いますし、株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)や為替と言う取引を行う商品によって手数料が異なる場合だってあります。ちょっとでも、取引コスト(いかに抑えるかが重要でしょう)が低いCFD(Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引と訳されます)取引業者を選択することが大事なのです。

続きを読む


タグ:CFD 取引口座
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

CFDで儲けたら納税はどうするの? [CFD]

CFDで儲けたとして、ではその分の納税はどうするのでしょうか。当たり前ですが、収入には税金がかかります。それはどうするかというと、原則として確定申告して納税することになります。20万円を超える儲けがある人は雑所得になりますね。税金と聞いてビビらないでください。きちんとルールにのっとった手続きをすれば大丈夫です。CFD(日本では最近知られるようになった投資商品です)取引を開始してる際に、損失を出そうとして始める人はいないでしょうよね。誰しも、大きな利益を得ようとして取引をはじめられることと思います。その時に気になった点のひとつとして、税金(最近では、消費税率を上げるとか上げないとかでニュースになっていますね)があるのでしょう。それでは、CFDの税金というのは一体どのようになっているためしょう。CFD(本来ならFXも差金決済取引に含まれるそうですが、実際には別物として考えられているようです)で一定の利益をあげた場合には、株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)の場合の源泉徴収とは異なり、雑所得に分類(ある意味、今までの研究の成果ともいえるでしょう)して自分自身で確定申告(主に個人事業主や年金生活者などが行うべき手続きです)を行い税金(きちんと納めずに脱税すると、バレた時にたいへんなことになってしまうでしょう)を支払う義務があると思います。その時の「一定の利益」とは、年間の取引で20万円以上の利益を得た場合です。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

オーバーナイト金利について考える [CFD]

オーバーナイト金利ってご存知ですか。CFD取引の話ですよ。翌日までに、買いもしくは売りのポジションを持ち越した際に受け取ったり支払ったりすることになる金利のことです。そう、むずかしく考えることはないのです。オーバーナイト。読んで字のごとくなのです。CFDは証拠金取引のため、そのようなことが生じるわけですね。オーバーナイト金利は、各国の政策金利の差でじますから、金額はそれに各取扱い業者が決めたパーセンテージを絡めたものになっています。CFD(Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引と訳されます)取引を行う際にはに、理解しておかなければならないことに、オーバーナイト金利(お金を貸したり、借りたりする際に発生する賃借料のことをいいます)があるみたいです。もし、FX(外国為替証拠金取引、通貨証拠金取引、外国為替保証金取引とも呼ねれています)取引を行った事がある方の場合には、「スワップ金利(利子、利息といわれることもありますが、法律用語では利息を使うのが一般的でしょう)」と似た感じの性質のものだと考えるといいかもしれませんよ。このオーバーナイト金利(短期と長期があり、長期の方が高い傾向にあるでしょう)は、「金利(短期と長期があり、長期の方が高い傾向にあるでしょう)」だからと言って、絶対に受け取る事ができるお金ではないのです。「売り」ともなれね受け取る事ができるはずですが、「買い」のポジションを持った場合には反対にオーバーナイト金利(短期と長期があり、長期の方が高い傾向にあるでしょう)をしはらうことになるのです。つまり、売る事で金利が貰え、買う事で金利を支払うになります。オーバーナイト金利(元金に対する一年間の割合を「年利」、一ヵ月の割合を「月利」、一日あたりの割合を「日歩(ひぶ)」といいますが有利に働くのは、「売り」を行った時だけだという事が判りますね。

続きを読む


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

CFDと国内株の違い [CFD]

CFDが何かについてはこれまでご説明してきました。すると、当然出てくる疑問は、日本株とは違うのか、ということです。CFDというのは、差金決済契約です。いま流行のFXもCFDの一種です。そしてCFDでは、国内外の株式や債権、株価指数、商品先物の取引も可能なのです。これでおわかりいただけたでしょうか。CFD(Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引と訳されます)取引をする際には、日本株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)の取引も当然ですができるかもしれません。けれど、CFDで日本株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)の取引をする場合にはと、個別に日本株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)の取引を行う時にはとでは、一体何が違うのでしょうか。まず一番の違いとしては、CFD(Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引と訳されます)では実際の株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)式は保有しない状態で取引を行うんです。つまり、どれだけ日本株を購入したからといっても、その企業の株(昔からある投資法の一つですね(わかりますか)。バブルの頃にはブームにもなりました)主総会にも出られないのですし、株主優待(その株式会社の株を所有していることに対する特典として、何らかのサービスが提供されるというものです)も受ける事ができないのです。この事が一番の違いといってもよいかもしれませんね。その他にも、個別に日本株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)の取引をする場合にはは、東京証券取引所や大阪(通天閣、ビリケンさん、大阪城など名所もたくさんありますね)証券取引所など、各証券取引所へ上場している全ての企業(シルシルミシルで紹介しているのをみると、すごいなあと感心してしまうことがよくあります)の銘柄(イメージではなく、経営状態などをきちんと確認し、分析する必要があるでしょう)を売買することが可能です。でも、CFD(Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引と訳されます)の場合には、主に東京証券取引所へ上場している銘柄(イメージではなく、経営状態(いろいろありますからね)などをきちんと確認し、分析する必要があるでしょう)のみが取引の対象と思っております。つまり、新興市場などの特定の銘柄(初心者のうちは、買ったつもりでシュミレーションするのもいいかもしれませんね)を取引したい場合、CFDは向かないということですね。

続きを読む


CFDもハイリスク・ハイリターンの世界 [CFD]

CFDに限らず相場というものはハイリスク・ハイリターンの世界です。そうです。絶対に損しない、ということでしたら、みんなそれをはじめてみんながもうかっていますからね。しかし、現実にはそうなっていません。つまり、CFDにだってリスクはあるんだ、というのが今日のテーマです。ではいってみましょう。CFD(本来ならFXも差金決済取引に含まれるそうですが、実際には別物として考えられているようです)もになるでしょうが、差金決済(株式投資では、現物株の取引の際は法律で禁止されていますが、CFDなら行うことができます)取引の醍醐味にもなっているのが、レバレッジです。このレバレッジにより、少額の証拠金(いざという時の担保ですが、損失が出た場合にはここから引かれてしまいます)しか手持ちになくても大きな金額の取引を行うことが出来、それが大きな利益を産むチャンス(タイミングを逃さないことが重要だといわれています)にもなります。ただ、このレバレッジを使用することで、手持ちの金額以上の損失を出してしまうこともあるでしょう。現物株みたいに自己資産(管理をしっかりとしないと、破産してしまうこともあるでしょう)の範囲内で行っている取引の場合であれね、相場が思い通りに動いていない場合は「塩漬け」して、相場が反転するチャンスを待つことも可能です。でも、レバレッジを利かせて自己資金以上の取引を行っている場合にはそうはいきません。CFD(日本では最近知られるようになった投資商品です)業者によって強制ロスカット(ストップロスともいい、そのFX会社によって執行ルールが畭なります)される場合もありますし、自分で設定したストップの値段によってはロスカットされる場合もあるかもしれませんね。後半は日記ノアとでね

続きを読む


タグ:リスク CFD
nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

CFDとは何ぞや [CFD]

CFDについて今日から行ってみたいと思います。CFDってわかりませんか。まあ簡単に言えば差金決済取引のことです。日本では、まだまだ馴染みが少ないと思われる投資方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)にCFD(現物株CFD、指?CFD、債券CFDなど、豊富な銘柄から選択できるのもその魅力の一つでしょう)と言うものがあります。CFD(本来ならFXも差金決済取引に含まれるそうですが、実際には別物として考えられているようです)とは、「Contact For Difference」を略したもので、現物株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)や債券など、実際の資産(動産、不動産など色々なものがありますね)を保有しないで、その売買価格の違いを損益とする差金決済取引のことを言うのです。CFD(日本では最近知られるようになった投資商品です)で取引可能な商品は、それぞれの業者によって異なるでしょう。日本株(ネットでのトレードが主流となっていますね)や外国株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)などといった「現物株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)」、世界の様々なマーケットの指数取引である「株価(ちょっとしたウワサやニュースなどでも大きく変動してしまうことがありますから、注意が必要でしょう)指数」、貴金属(最近では、悪質な貴金属訪問買取業者が横行しているそうです)などと言った商品を扱う「商品先物」、国債を指す「債券」、それに、「為替」という様々な商品の取引が可能となるのです。現在では、3000前後が投資対象商品となった為いることでしょうね。後半は日記の後で。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。