So-net無料ブログ作成
検索選択
ケアマネージャー ブログトップ

ケアマネージャー試験、あなたに受験資格はあるか [ケアマネージャー]

ケアマネージャー。うん、おもしろそうだ。ぜひやってみたい。わかりました。しかし、はいそうですか、というわけにはいきません。ケアマネージャーになるためには、ケアマネージャーの試験に合格しなければなりません。試験に受かるには、その試験の受験資格を満たしていなればなりません。その問題についてやっていきましょう。ケアマネージャー試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)は誰にでも受けられると言う訳でなく、ある一定の受験資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)の条件(満たすことができないと望みや要望が叶えられない可能性が高いです)を満たす必要があって、その条件(あまりいい意味で使われることがないんではないでしょうか)はすごく複雑です。受験資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)の条件(あまりいい意味で使われることがないんではないでしょうか)はおおまかに分けると4パターンで、その中のどちらかに該当すれば、試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)を受けることができるでしょう。
1、医療、保健、福祉の21種ある国家資格(有用性が高い分、取得するのが困難だといわれています)を有し、尚且つ、その国家資格(法律に基づいて国からの委託を受けた機関が実施する試験に合格するなどの条件を満たすことで取得できる資格です。単に試験に合格しただけでは資格を取得できないことも多いでしょう)分野での業務の実務経験(これがないと雇ってもらえないこともよくあります)が5年以上、従事日数900日以上の条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)を満たしていること。(うーむ)
ここでいう従事日数とは、実際の現場での勤務日数の事をいいます。例えば、薬剤師であれば、薬局で調剤をして患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)に提供したりする事により、研究所での薬の研究などは従事日数にはカウントされありません。(いろいろありますね)
2、施設などで必ず設置しなければならない相談援助業務や法定の相談援助業務の実務経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)が五年以上、従事日数が900日以上である事
3、社会福祉主事任用資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)を有している、もしくは、ホームヘルパー2級の研修を修了していて、実務経験が5年以上あるという条件(満たすことができないと望みや要望が叶えられない可能性が高いです)を満たしていること。
4、特に資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)はないけれど、福祉施設などに因る介護業務が10年以上ある事。

続きを読む


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ケアマネージャーの年収 [ケアマネージャー]

ケアマネージャー。世の中で意義のある仕事ですが、重労働の割には低賃金という声もあります。では具体的に、ケアマネージャーの年収はどれぐらいなのでしょうか。ケアマネージャーとは、介護についての専門職の一つです。2000年4月から始まった介護保険制度に基づいた、介護や支援が必要なと認定された人達に、住居や施設、サービスなど、個人個人に適した介護サービスが受けられるよう、介護プランの作成を行う事が主な仕と言う事なんです。他にも、業者との調整や連絡、保険費用の計算や請求などもおこなうでしょう。介護の分野で仕事がしたいと考えている方の中には、ケアマネージャーの資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)取得を目標にしている人も多いみたいです。では、このケアマネージャーになったのであれね、年収や月給は如何にになるのでしょうか。地域などでほんのささいな差はあるものの、ケアマネージャーの年収は、平成20年度の平均額で男性423万円、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)366万円です。

続きを読む


nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ケアマネージャーと就職 [ケアマネージャー]

ケアマネージャー。資格試験受けました。受かりました。で、その資格を活かして仕事をしたい。では具体的に就職先はどのようなところになるのでしょうか。福祉関係というのは何となくわかると思います。そこからさらに具体的に、どんな事業所に就職するのかを明らかにしていきたいと思います。国内では、近年どんどん高齢化が進み、介護業界に対する需要は高まりつつありますが、重労働の割には低賃金などういった理由から、介護の分野で働きたいといった人が少なく、人材不足であるのが現状なのです。特にケアマネージャーは慢性的な人材不足で、逆に言えば、常にニーズが高い職業なっているものです。ケアマネージャーと言う物は、様々な条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)をクリアし、尚且つ、比較的難易度の高い試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に合格しなければ取得出来ない資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)です。その為に、資格を取る頃には、介護経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)も豊富で即戦力になる人材であると評価されることだと思います。では、ケアマネージャーの資格を取ると、どういったところで働くことが出来るのでしょうか。主な就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)先としては、介護保険指定業者や施設、また、地方自治体の保健所や役所での介護認定に関連する業務や介護の相談窓口等があります。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ケアマネージャー、学校か独学か [ケアマネージャー]

ケアマネージャーという仕事。少しは概念的なご理解を頂けましたでしょうか。では、この仕事、資格専門学校に入って勉強したほうがいいのでしょうか。それとも、独学でこそこそ勉強したほうがいいのでしょうか。非常に重要な問題になってきますが、今日はこの問題について徹底的にやってみたいと思っています。ケアマネージャーの資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)取得に向けての学習方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)には、大別すると二通り多々あるのです。独学(資格試験や大学受験などの場合には、予算の許す範囲で通信講座などを利用するのも効率的な勉強や情報収集のためにはいいでしょう)するか、学校や通信講座(学ぶ内容は様々で学業に関するものから、資格の取得、趣味的なものまで幅広い講座が?多く提供されています)を利用する事です。実際、ケアマネージャーの資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)取得に向けて勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)やる方の殆どは、学校か通信講座(通学制の講座よりも費用が安価で済む場合が多いですが、その分、自分で自分を律して学習を進める必要があるでしょう)を利用していますが、独学(通信教育や家庭教師、短期講習などを上手に利用した方が効率が良くなる場合もあります)で挑戦している人も少なくない(そんな感じです)のではないかと思います。勿論、独学(最も費用の掛からない方法ですが、強い意思が必要とされます)で試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に合格した人も多くいて、独学(周囲の人のペースに合わせる必要はありませんが、継続するには強い意志が必要となります)が自分にあった学習方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)の場合であれねば、それにこしたことはないでしょう。学習費用もテキスト代と受験料だけですむので、学校や通信講座(近年では、資格の取得から趣味の習い事まで、あらゆるジャンルのものが提供されています)を使うのに比較すると安く済みます。ここで転換!

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ケアマネージャーと実務経験の真相 [ケアマネージャー]

ケアマネージャー。経験がものをいう仕事です。大変そうです。では実務経験が必要なのでしょうか。興味深いところです。介護支援専門員実務研修受講試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)を受けるためには、ある一定の資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)を有し、加えて、決められた期間での実務経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)が必要で、以上のようにいろいろな条件(満たすことができないと望みや要望が叶えられない可能性が高いです)を満たしていなければなりません。そして、この条件(満たすことができないと望みや要望が叶えられない可能性が高いです)のなかにも必ず必要(やっぱり仕事ですからね)になってくるのが実務経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)です。例えば、ドクターや看護師、栄養士なんかの介護支援専門員(読めますか)実務研修受講試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)をうけるために必要である21種の資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)を有していても、尚且つ、医療や福祉、保健の分野で5年以上の実務経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)がないのなら、試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)を受ける資格がないでしょう。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ケアマネージャーと費用の深い関係 [ケアマネージャー]

ケアマネージャーという資格が最近注目されています。ところで、その資格取得のために費用はどのくらい必要でしょうか。ある大手の通信教育では、47000~49000円かかるということになっています。職業として使える資格がその「元手」でいいのなら、決して高い者とは思えませんが、いかがでしょうか。ケアマネージャーの資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)は、誰にでも取得可能なと言う物ではありません。実務経験や国家資格(業務独占資格や名称独占資格のように、取得することで業務を行うことができたり、名乗ることが許されたりする国家資格もある(むずかしいでかすよ)ため、取得しても役立たないということはあまりないでしょう)の有無など、いろんな条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)がクリア出来るからはじめて、受験資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)を得る事が出来ます。受験資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)が整ったら、試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)に向けての勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)をしなけれねならないのですが、ケアマネージャーの資格を取るまでにかかる費用というのは一体どれぐらいなのでしょう。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
ケアマネージャー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。