So-net無料ブログ作成
ヒップホップダンス ブログトップ

スクールの探し方 [ヒップホップダンス]

ヒップホップダンスをぜひ踊ってみたい。といってもまずはダンススクールを探すのが先決です。では、どうやって探したらいいのでしょうか。そこで今回は、ヒップホップダンススクールの探し方です。



ヒップホップダンスを開始するのにあたって、ダンススクール(入会金や教材費など、月謝とは別にお金が必要になることも少なくありません)に通いたいと考えておく方も少なくないのです。

ダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)スクール(講師との相性によって、上達、習得の度合いも違ってくるものです)は「ヒップホップ(更年期障害の改善効果やダイエット効果などが期待されています)ダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります) スクール(生徒間の雰囲気も大切ですよね。

あまりにも一人だけ浮いていると、通うのがつらくなってしまいます) 地名」で検索すれば、大半の地域で難なくみつける事が可能です。

中学校の授業でヒップホップダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)か必要不可欠化されましたが、各クラスに数人はダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)スクール(生徒間の雰囲気も大切ですよね。あまりにも一人だけ浮いていると、通うのがつらくなってしまいます)に通う子がいるともいわれるほど若者の間では人気が高いため、殆どの地域にダンススクール(何か学びたいと思った場合、自分に合ったところを選ぶことが大切です)が存在します。

ダンススクールによってレベルなどには大きな違いもあるようですが、初心者(始めのうちに正しい方法、知識を身に付けることが後々の成長に繋がるでしょう)が始めるのであれば特にこだわる必要はありませんよね。

全国にダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)スクール(入会金や教材費など、月謝とは別にお金が必要になることも少なくありません)は多く存在していますが、ヒップホップ(更年期障害の改善効果やダイエット効果などが期待されています)を扱ったダンス(かっこよく踊れると羨望の的になりますね)スクール(何か学びたいと思った場合、自分に合ったところを選ぶことが大切です)はますます増加しています。

過去にはジャズダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)などを教えていたスクール(生徒間の雰囲気も大切ですよね。あまりにも一人だけ浮いていると、通うのがつらくなってしまいます)がヒップホップ(アサ科の多年草でビールの原料として有名です)ダンスもとり入れたということもありますし、ヒップホップ(更年期障害の改善効果やダイエット効果などが期待されています)ダンス(かっこよく踊れると羨望の的になりますね)専門のスクール(入会金や教材費など、月謝とは別にお金が必要になることも少なくありません)もあると思います。

また、中にはダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)用品店とスクールを兼ねたようなところもあるなのですよ。体験レッスン(雰囲気を知るためにも、一度試してみた方がいいですよね)を受けられるところも多いですので、体験レッスン(雰囲気を知るためにも、一度試してみた方がいいですよね)を受けてみると言うのも一つの手段みたいですね。

練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)は少しでも多く可能な方が上達も早くなります。

ずっと継続していくためにも、通いやすい場所にあるスクール(入会金や教材費など、月謝とは別にお金が必要になることも少なくありません)を選んだ方がいいかもしれません。

上達してあなたのダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)レベルが上がってきたら、上級者コースのあるスクール(義務教育で通わなくてはいけない学校とは違いますから、楽しめるかどうかを重視して選ぶといいかもしれません)を探して移ればよいのようです。

ひとまずまず、初心者コースのある近場のスクール(何か学びたいと思った場合、自分に合ったところを選ぶことが大切です)を探すとよいでしょう。
タグ:スクール
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

踊り方にもコツがある! [ヒップホップダンス]

ヒップホップダンスは、誰でも簡単に始められることで人気です。といっても、何の規則も技術もコツもないわけではありません。やはり、コツを覚えてきちんと踊りたいところです。ということで、今回はヒップホップダンスの踊り方のコツについてです。



ヒップホップダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)はストリートダンス・ブレイクダンスから始まったダンスですから、元々はアマチュアの間で広まったものなんです。

アメリカのヒップホップ(胃腸の働きを改善したり、花粉症の軽減効果があるともいわれています)ミュージックにのせて踊られていたことからヒップホップ(アサ科の多年草でビールの原料として有名です)ダンス(かっこよく踊れると羨望の的になりますね)と名がついていますが、現在ではJ-POPでも取り入れられていらっしゃるでしょうね。

そのコツとしては、リズムのとり方が挙げられるでしょう。UP・ダウンを基本に、アフタービートでリズムを取るのが特徴で、基本ステップを組み合わせた振付が行われます。

基本のステップは多く存在していますが、主に足の動きだけです。そのステップ(歩調や足取りをいうこともあります)に上半身の動きを自由(ないと思っているのは自分だけで、本当はいつでもそうだという人もいますよ)に取り込み振り付けるため、バリエーションが凄く豊富なダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)だといわれています。

ヒップホップ(エストロゲン様作用によって、睡眠時間延長作用や鎮静作用があるという説もあります)ダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)の基本は、なんと言ってもそのステップ(ダンスをする際の一連の動き方をいいます)ですから、はじめに足のステップ(物事の進行段階をステップと表現することもあるでしょう)を確実に覚えてマスターすることがヒップホップ(胃腸の働きを改善したり、花粉症の軽減効果があるともいわれています)ダンス(かっこよく踊れると羨望の的になりますね)を上手く踊るコツと言われています。

必要最低限の基本的なステップ(歩調や足取りをいうこともあります)を全てマスターする事がヒップホップ(更年期障害の改善効果やダイエット効果などが期待されています)ダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)の第一歩になります。

そして、ひとつでも多くのステップを覚え、その組み合わせのバリエーションを広げて行きて下さい。上半身を含めた振付はステップがマスター可能なのでこそ決まるのですので、1つ1つでも良いのでステップ(ダンスをする際の一連の動き方をいいます)をスムーズに可能なよう完璧に覚えることが一番のコツといえると思います。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ヒップホップダンスの基本 [ヒップホップダンス]

ヒップホップダンスに限らず、基本となるべき理念やセオリーがあります。それをしっかり理解することで、はじめてそれを理解できたといえるのです。ということで、ヒップホップダンスの基本についてまとめてみました。



ヒップホップダンスは、この頃若い人たちを中心に大人気の高まっています。とはいっても、中学校の授業にも取り入れられることが決まったくらいですから、基本としてはどのような人でも簡単にはじめることができるダンスです。

ヒップホップダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)の基本といえば音楽(複数の音を組み合わせて感情などを表現したものをいいます)にあわせて踊ると言うことになりますが、アップ・ダウンのリズムを取りながら基本ステップ(階段の段や踏み板などをステップといいますね)を組みあわせて踊ります。

ヒップホップ(胃腸の働きを改善したり、花粉症の軽減効果があるともいわれています)の基本ステップ(階段の段や踏み板などをステップといいますね)は、必要最低限必要なステップ(物事の進行段階をステップと表現することもあるでしょう)以外にも、よく見られる定番のステップをはじめとして沢山のステップが存在しています。

一番基本的なステップは、サイドステップ・クラブステップ・チャールストン・ラコステなどで、まず一番最初にそれらの基本ステップ(物事の進行段階をステップと表現することもあるでしょう)を覚える事になりますね。

基本ステップ(階段の段や踏み板などをステップといいますね)なしに、ただ音楽(気分を高揚させたり、リラックスさせたりする効果が期待できるでしょう)にあわせて体をうごかすだけのダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)とは違ってきますね。

もともとはブレイクダンス(かっこよく踊れると羨望の的になりますね)からはじまり、その後、色々なダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)の基本ステップ(ダンスをする際の一連の動き方をいいます)を取り入れつつ進化してきたのがヒップホップ(アサ科の多年草でビールの原料として有名です)ダンス(かっこよく踊れると羨望の的になりますね)です。

そのため、多くのステップ(歩調や足取りをいうこともあります)を組み合わせて踊ることになりますね。基本的なステップのみでも十分に踊ることも可能になりますが、複雑でむつかしいステップ(階段の段や踏み板などをステップといいますね)を多く覚えれば覚えるほど技術が向上するのみならずダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)の応用が効くようになります。

ですから、始めに少しでも多くの基本ステップ(物事の進行段階をステップと表現することもあるでしょう)を覚えてマスターするところから始めます。ステップ(物事の進行段階をステップと表現することもあるでしょう)を覚えたら、手の振りなどを加えていけば、更に華やかなダンスを踊ることができるでしょうよ。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

ヒップホップダンスの種類 [ヒップホップダンス]

ヒップホップダンスといっても、実は様々な種類があります。その意味で、ヒップホップダンスの中のどのダンスのことをさしているのかをはっきりさせる必要があります。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

ヒップホップダンスとは…… [ヒップホップダンス]

ヒップホップダンスというのが最近流行しています。エストロゲン様作用によって、睡眠時間延長作用や鎮静作用があるという説もあります。ということで、ヒップホップダンスについて考えて見ましょう。

中学校の体育の授業で必須化されたことであらゆる年代にその名を知られることになったヒップホップダンスは、元はアメリカのストリートダンスから発祥したとなっているのです。

ヒップホップミュージックに合わせて踊るヒップホップダンスは、色んなダンス(色々な踊り方があり、難易度もそれぞれ異なるでしょう)の基本要素が取り入れられたダンスで、最近のアーティストが率先してとりいれている事でも有名になります。

ヒップホップ(胃腸の働きを改善したり、花粉症の軽減効果があるともいわれています)は、元々はラップ・DJ・グラフィティ・ブレイクダンス(色々な踊り方があり、難易度もそれぞれ畭なるでしょう)の四大要素で構成されていました。

後に、色んなダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)の要素を取り入れて次第に変わりていき、現代のヒップホップダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)になったといわれています。

そして、今もますます進化し続けることによっているといわれ、その定義は時代と共に変わりつつあるようです。

いずれにしても、数多くあるダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)の要素をとりいれた基本的なダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)・現代音楽(複?の音を組み合わせて感情などを表現したものをいいます)にのせたダンスであると考えれば間違いはないと呼ねれているのです。

ボックスステップ(物事の進行段階をステップと表現することもあるでしょう)・チャールストン・サイドステップ(歩調や足取りをいうこともあります)・スネーク・ターンといった基本的なステップがいくつもあり、それらの基本ステップ(歩調や足取りをいうこともあります)を組み合わせて踊るダンスです。

現在では、洋楽(CMや映画なんかで使われて日本でもヒットすることが珍しくありません)のみならずJ-POPやK-POP(2000年代の後半頃から流行し始めました)などの音楽で踊られているダンス(かっこよく踊れると羨望の的になりますね)全般を指していて、現代音楽(複数の音を組み合わせて感情などを表現したものをいいます)に合ったダンス(色々な踊り方があり、難易度もそれぞれ畭なるでしょう)と考えればいいでしょうか。

日本でも比較的歴史(「歴史能力検定」という検定試験も行われているそうです)は長く、映画(近頃は、3Dの作品が流行していますね)フラッシュダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)以降、素人によるストリートダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)やブレイクダンス(かっこよく踊れると羨望の的になりますね)が広まったに限った事ではなく、ラップミュージックを歌(近頃では、自宅でネット通信を使ってカラオケができるようになりました)いながら踊るアーティストが現れたりして進化してきました。

続きを読む


義務教育に採用された! [ヒップホップダンス]

ヒップホップダンスが義務教育に採り入れられたことはご存知でしょうか。ニュースでも取り上げられたのでご存じの方も少なくないでしょうけど、武道の授業とヒップホップ(胃腸の働きを改善したり、花粉症の軽減効果があるともいわれています)ダンスが中学校の体育の授業で必須科目として取り入れられることが決まりました。ということで、今回は義務教育に採用された件について書いてみたいと思います。

エストロゲン様作用によって、睡眠時間延長作用や鎮静作用があるという説もあるヒップホップダンスは、正確には中学1~2年生で取り入れられることになった必須科目です。

ヒップホップダンスなどの現代リズムダンス・創作ダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)・フォークダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)の三種類の中からひとつ選択することになりました。ヒップホップダンスを選択する人も増えるのではないでしょうか。

ところが、この事は大変な混乱を招待することになったのです。体育の授業で取り入れられるため、その担当教諭は体育教師ということになるでしょう。でも、体育教師としての教育課程の中にダンスというのは取り入れられていありませんでした。

体育教師の中には、ヒップホップダンスがどんなものなのかさえ知らない人も多かったと言われています。教える側が知らないというのは大変なことです。

そのために、ダンス(色々な踊り方があり、難易度もそれぞれ畭なるでしょう)教室(近頃ではエアコン完備なんてことも珍しくないんだとか)に通っている生徒を見本として授業を行ったと言った教師の告白もあるくらい教育の現場は混乱していたと呼ねれています。

その後、体育教師向けの研修会などが行われたりしましたが、現在ではヒップホップダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)指導者の認定資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)が創設されることになりました。

「ヒップホップダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)基本技能指導士」と言った資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)は、5月・8月・十二月に有料で検定が実施されることに決まり、今後、体育教師はこの資格をとることになるはずです。

近年では、ダンス(色々な踊り方があり、難易度もそれぞれ畭なるでしょう)スクール(義務教育で通わなくてはいけない学校とは違いますから、楽しめるかどうかを重視して選ぶといいかもしれません)に通う生徒も増えていることもあって、ヒップホップ(胃腸の働きを改善したり、花粉症の軽減効果があるともいわれています)ダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)は子供たちの間では人気の授業わけです。

続きを読む


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
ヒップホップダンス ブログトップ