So-net無料ブログ作成
検索選択
ファッションブランド ブログトップ

ルイ・ヴィトンは身近な服飾ブランド [ファッションブランド]

ルイ・ヴィトン (Louis Vuitton Malletier) が創業されたのは1859年。フランスのスーツケース職人であるルイ・ヴィトンが、アニエール=シュル=セーヌに最初のアトリエを構えるところから始まります。

1885年にロンドンに進出。1889年のパリ万国博覧会では登記したルイ・ヴィトン社に金賞をもたらしました。そして、1892年にハンドバッグの販売を開始しています。

現在もルイヴィトンは、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン、2008年の売上高は239億ドル)グループの中核ブランドです。というより、歴史と伝統、知名度と普及度から考えてファッションブランド界の中核といっていいでしょう。

服飾部門は2011年現在、レディース商品がマーク・ジェイコブス、メンズ商品がキム・ジョーンズが担当しています。

>>ルイ・ヴィトン商品一覧

ルイ・ヴィトンの特徴は、一流ブランドであるにも関わらず日本人に当たり前のように親しまれていることです。

ルイヴィトンの特徴は、何と言ってもあのモノグラムの柄にあります。

初めてのブランドデビューが、ヴィトンのモノグラムだったという人も多いかとされているのです。

また、ヴィトンはモノグラムのみに拘らず、次々にバリエーション豊かなアイテム(日常会話ではあまり使わないような気がします)を私達に提供し続けています。

近年では、ファッション業界からも注目を集めるようになり、常にブランド業界の最先端に立っている所がルイヴィトンの特徴です。

「ルイ・ヴィトンの人気商品って?」と聞かれたら、もうモノグラムのバッグは絶対にはずせません。新作が出たらとりあえずチェックするという方も多いのではないでしょうか。



今では通常のバッグだけではなく、携帯電話やipadのバッグも揃っています。何種類も持ち、季節やTPOに合わせて変えるという人も多いようです。

定番中の定番とも言われているモノグラムのバッグは、しっかりしており使い易く、大体の方が一つは持っていたいと思うようなアイテムです。

また、ヴィトンと言えば、財布(古いものをずっと使っているのは金運的にはよくないそうですよ)を連想する人も多いはず。

ルイ・ヴィトンの財布は次々と新作が発表され、そのデザインもシンプルな物からポップで個性的な物まで、とても豊富に揃っているものです。ついつい、何個も購入してしまっている人も多いのでは?

ヴィトンの財布(お札を折らないでいれられる長いものが金運アップに繋がるんだとか)は女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)のみならず、大人(思春期の頃は、ずるい、汚い、ああはなりたくないと思ったりもしますが、気がつくと自分もいつの間にかそうなってしまっていたり)の男性にも人気(芸能界などは水物なんていいますよね。一時はそれなりにあっても、いずれなくなっていくことが多いでしょう)アイテムの一つでしょう。

ルイヴィトンは、ファッションブランド(アウトレットでオトクに購入したり、量販されているものを自分なりにリメイクする人も増えているそうです)としても有名になっていますが、その品質、洗練されているデザイン、そして、着心地の良さからも注目されているといえるでしょう。

>>ルイ・ヴィトン商品一覧
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

ブルガリはローマで創業した高級宝飾品 [ファッションブランド]

ブルガリも、抜け落とすことのてきない高級ブランドとして有名です。

ブルガリ(Bulgari/BVLGARI)は、1884年にイタリアのローマでギリシャ系イタリア人のソティリオ・ブルガリによって創業されました。つまり、その歴史はすでに100年以上にわたります。

ブルガリは、まさに高級宝飾品という呼び方にふさわしく、ヘビの頭部をあしらった意匠には高級感漂う貴金属ブランドというイメージがあります。

世界中には150店舗ものブランド直営店があり、日本にも40店舗くらいあるそうです。上品、かつ、ゴージャスな象徴のブランドではないでしょうか。

>>ブルガリ商品一覧

ブルガリの特徴は、やっぱり、イタリア(長靴の形をした国ですよね。食べ物がおいしく、有名な観光スポットがたくさんあり、温暖な気候も魅力です)の宝飾店からスタートしたと言う名前のだけある、そのデザイン性の高さからなるアイテム(RPGなどのゲームでもよく使う言葉ですよね)の完成度といわれているようです。

ついつい目を奪われてしまうその高級感漂うフォルム(これを重視して商品を購入する人も多いのではないでしょうか)に、ほとんどの方が魅了されてしまう所がブルガリの一番の特徴です。

「ヘビの頭部をあしらった意匠のブルガリの人気商品って?」と聞かれたらなんと答えますか。元は高級宝飾店として開業したブルガリですが、やはり時計でしょう。それも、堂々とブランド名を重ねたブルガリブルガリは人気です。



ブルガリの時計の代表格ともいえる「ブルガリ・ブルガリ」は、発売されて以来、ブランド業界からとても高い評判を勝ち取り、以来、現在でもブルガリは、時計メーカー(時々、どうしてこんな製品がと思うようなものが売られていることもあります)として好評価を得ています。

また、ブルガリのアイテムではずせないのが、リング(独身の頃は指が細かったのに、結婚してしねらくしたら太って抜けなくなる・・・なんてこともあったりしますね)です。

そのゴージャス感のなかでも、品の良さがにじみ出ているブルガリ(時計やマリッジリングなどの人気が高いブランドですね)のリング(ペアになっていて、二つを組み合わせたデザインというのも多いものです)は、エンゲージリング(エンゲージやマリッジなど、結婚には付き物といえるかもしれません。たまに全く興味のない女性もいますが)やマリッジリング(恋人や夫婦でペアでするのもステキですね)に選ぶ人も多いようです。

香水(日本人はつけない人も多いですが、海外では嗜みとなっていることも多いです)のトップブランド(それを持っているだけで自分に価値があるように思ってしまう人も少なくないでしょう)にもなっているブルガリ(香水、フレグランスもすごく人気だといえるブランドだと思います)。

ブルガリ(時計やマリッジリングなどの人気が高いブランドですね)の香水(香りそのものだけでなく、ボトルのデザインや液体の色なんかも、商品の一部ですよね)はすごく心地いい香りで、男性にも愛(ギブアンドテイクではなく、ギブアンドギブの精神が大切です。

何かと引き換えにということでは、取引になってしまいます)用者が多数居る事で知られていますが、そのなかでも定番の人気を誇るのが「プールオム」。

男性用香水(人によって好きな香りが違うものです。つけてからの時間によって香りが変化することも多いでしょう)として発売されましたが、そのエレガントでフレッシュな香りに女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)ファンも多く、今でも男女関係なく大人気の香水(香りそのものだけでなく、ボトルのデザインや液体の色なんかも、商品の一部ですよね)になると思います。

若い女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の間では、ブルガリ(上品、かつ、ゴージャスな?象のブランドではないでしょうか)の魅力が詰まっている定番の「B-zero1」デザインのリング(他のアクセサリーは自分で買っても、これだけは恋人から贈られたいという女性も多いものです)や時計(コレクションしている人も少なくありません。

好きなブランドが決まっている人も多いですね)、ペンダント(テレビショッピングの通販などをみていると、たまにびっくりするような価格のものが売られていますね)などにも人気(どうして人々の支持を集めているのかはっきりとはわからないこともあるものです)が集まっていますね。

>>ブルガリ商品一覧
タグ:ブルガリ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

ティファニーの独創的デザイン [ファッションブランド]

ティファニー(Tiffany & Co.)といえば、アメリカが世界に誇る宝飾品や銀製品のブランドです。オードリー・ヘップバーンを連想する方も少なくないのではないでしょうか。

37年の創業以来、独創的なデザインでブランディングの国際化に成功し、現在はロンドン、東京、ローマ、シドニーなど世界20カ国に通用します。たとえばわが国では、クリスマスやホワイトデーの贈り物としてオープンハートのペンダントが定番になっています。

ということで、今回は、若い女性から大人の女性まで年齢を問わず、幅広い層に人気が高いブランドが、ティファニー(1837年にアメリカで創業されて以来、世界中で愛されています)。

そんなティファニーの特徴は、高級感のあるブランドながら、実は、商品の価格帯に十分幅を持たせている所からなのでしょうか。

いわゆるセレブでなけれね手が出ない商品ばかりではなく、一般的なOL(人間関係がとても大変そうですね。だいたいどこの会社にもお局様的な存在がいそうです)でも購入できるようなリングやペンダント(テレビショッピングの通販などをみていると、たまにびっくりするような価格のものが売られていますね)などといったアクセサリー(若いうちは安いものをつけていてもかわいいですが、大人になったらやはり上質なものを身につけたいですね)も豊富に揃っていることでしょう。

>>ティファニー商品一覧

また、そのデザインもシンプルになり過ぎず、キュートな雰囲気をだしている商品が多い事から、どんな世代の女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)にも愛(人に与えることでもらえるようにもなるそうです)されています。

そんな所も、ティファニー(世界20ヶ国にブランドショップがあり、もちろん、日本にもあります)ブランドの特徴と言えるでしょう。

ところで、ティファニーの人気商品って?と聞かれたら、あなたは一番最初になんと答えますか。
やはり、最初に思いつくのはオープンハートのシルバーネックレスと思いますよ。



プレゼントで貰った人も多いのではないでしょうか。

その他にも最近では、ティファニーのエンゲージリング(他のアクセサリーは自分で買っても、これだけは恋人から贈られたいという女性も多いものです)も人気です。

シンプルで上品なデザインの中にも、ティファニーらしいかわいらしさがスパイスされているリング(エンゲージやマリッジなど、結婚には付き物といえるかもしれません。たまに全く興味のない女性もいますが)は、女性にとっては憧れのエンゲージリングとなっていらっしゃるでしょうね。

また、密かに人気が高いのが、高級感のあるティファニー(1837年にアメリカで創業されて以来、世界中で愛されています)のベビーギフト。

出産祝いにセンスのいい物を贈りたいと考えている方には、このティファニー(オープンハートがあまりにも有名ですね。

定番過ぎるくらい定番ですが、もらって嬉しいと感じる女性も多いそうです)のベビーアイテム(最近では、ソーシャルゲームなどで課金して購入したり、ユーザー同士で売買したりされることもあるようです)がピッタリのみたいですよ。

中でも、シルバー製のベビースプーンは、お手入れ次第で長く使用できる高級感のあるギフトとして、たいへん人気のある商品です。

>>ティファニー商品一覧
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

エルメスの高級感 [ファッションブランド]

エルメスといえば、なんといっても高級感と品質の確かさです。人に自慢したい、見せびらかしたいという気持ちが起こるブランドといっていいでしょう。かつては「電車男」にも登場したブランドです。

>>エルメス商品一覧

エルメスは当初、馬具を専門としている工房から生まれたため、ロゴマークには今も馬具工房に由来するデュック(四輪馬車)とタイガー(従者)が描かれています。

男女を問わず、全世界で愛されているブランドと言って過言ではないエルメス。

そんなエルメスの特徴は、馬具工房から開業した職人技を守っていこうとするプライド(あまりにも高いと生きづらくなってしまいますが、全くないのも困り者かもしれません)と、常に時代(どうしても現在よりも過去の方がいいという人が多いのは、きっと記憶を美化しているのでしょう)の最先端ブランド(人に自慢したい、見せびらかしたいという気持ちが少なからずあるような気がします)として走っていこうとするプライド(自分に自信があるほど高くなる傾向があるでしょう)が、上手に共存している所ではないでしょうか。

ラフで斬新なデザインだとしても、きちんと作り手の丁寧さが伝わってくるような商品が多いのが、エルメス(元々は由緒正しいフランスの馬具メーカーで、顧客には、ナポレオン三世やロシア皇帝などもいたんだとか)ブランドの特徴でもあるでしょう。

「エルメスの人気商品って?」と聞かれたら、大体の人が一番に思いつく商品が「バーキン」でしょう。



エルメスには、時計(スイスと日本の製品の評判が特に高いと思います)や財布(レシートなどのお金以外のものを入れておくのは、金運を下げてしまうそうです)、スカーフや香水など、色んなブランドアイテム(日常会話ではあまり使わないような気がします)が揃っていますが、ひょっとすると、このバーキンのバッグ(女性にとってはいくつあってもほしくなるもののようです)が、エルメス(初めての社史をなんと漫画で作っていて、竹宮惠子さんによって描かれています)で最も人気の高い商品なんですね。

そのバーキンにも引けを取らない程の人気の商品が「ケリー」です。

このバッグは世界中の女性が憧れているといっていい程のバッグ(新作が出たらとりあえずチェックするという方も多いのでは)で、パーティー(政党や政治集団をパーティーと表現することもあります)シーンにもカジュアルシーンにも、嫌味のない高級感をプラスしてくれるはずです。

やはり、馬の蹄などを作る馬具の工房から始まったと呼ねれているエルメスだからこそのの、質の高い細部にまで行き届いたデザインが人の心を惹きつけているのでしょうか。また、エルメス(初めての社史をなんと漫画で作っていて、竹宮惠子さんによって描かれています)では、スカーフ(ファッションのアクセントとしてはもちろん、日焼けを防止するなどの実用性も期待できるアイテムです)も定番の人気(芸能界などは水物なんていいますよね。一時はそれなりにあっても、いずれなくなっていくことが多いでしょう)商品に挙げられるでしょう。

スカーフ(ブランドのロゴが入ったものも人気ですよね)リング(他のアクセサリーは自分で買っても、これだけは恋人から贈られたいという女性も多いものです)のデザインも豊富に揃っているので、定番スカーフ(近頃では、女性だけでなく、男性にも愛用者が増えているようです。中尾彬さんのトレードマークのあれはマフラーらしいですが)にアクセントで金素材や皮素材のスカーフリング(他のアクセサリーは自分で買っても、これだけは恋人から贈られたいという女性も多いものです)という組み合わせ方を楽しむ人も多いようです。

>>エルメス商品一覧
タグ:エルメス
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

イブサンローランのブランド力 [ファッションブランド]

イヴ・サン=ローラン(イブサンローラン)といえば、ファットションブランドのド真ん中、真骨頂、本家本元、一丁目一番地、いろはのい、といっていいでしょう。

イヴ・サン=ローラン(イブサンローラン)はフランスの国宝ともいわれ、レジオンドヌール勲章も授与されています。カトリーヌ・ドヌーブの映画の衣装をデザインしたことでも知られています。

ですから、殆どの人がみんなしってる超一流のブランドです。

そんなイヴ・サン=ローラン(イブサンローラン)の特徴は、その驚くべき程のアイテムの多さにあるのです。

イヴ・サン=ローランは洋服はもちろんのこと、靴やバッグなどといった小物類、化粧品や香水に至るまで、どういうアイテムも、イブサンローラン(ブランドのイニシャル「YSL」を組み合わせたモノグラムが使われたアイテムが定番となっているのはないでしょうか)で見つけることが可能なといってもいいしょうね。

また、そのアイテムの一つ1つに、シンプルであったり斬新だったり、様々なデザインが施されているので、身につける人を飽きさせません。

そんな所も、イヴ・サン=ローランの特徴のひとつに挙げることができるでしょう。

>>イヴサンローラン商品一覧

ところで、「イブサンローランの人気商品とは?」と聞かれたら、そのアイテムのあまりの多さに、いったいどの商品を挙げればよいのか迷ってしまいます。

けれど、そこは敢えて香水を挙げたいと思います。みなさんは買ったことがありますか。

イブサンローランから1999年に発売された「ベビードール」と言う香水をご存知でしょうか。

イヴサンローラン ベビードール オーデトワレスプレー 30ml D34

>>イヴサンローラン ベビードール オーデトワレスプレー 30ml D34

  • 出版社/メーカー: イヴサンローラン
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


この香水は、その商品イメージである優しい女性らしさを表現するような甘酸っぱい香りから「結婚出来る香水(香りそのものだけでなく、ボトルのデザインや液体の色なんかも、商品の一部ですよね)」と噂され、女性の間で爆発的な人気(ロングセラー、ベストセラーという言葉もありますが、一瞬だけ集中して、後はすぐに廃れてしまうということも少なくありません)となっているのです。

その人気(ロングセラー、ベストセラーという言葉もありますが、一瞬だけ集中して、後はすぐに廃れてしまうということも少なくありません)はまだ続いているようで、イヴ・サン=ローランの香水(香りそのものだけでなく、ボトルのデザインや液体の色なんかも、商品の一部ですよね)と言えば「ベビードール」と答える人も多いものです。

また、イブサンローラン(その伝説的な生涯は映画にもなり、日本でも公開されているのです)の化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)も、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)ならば1アイテム(RPGなどのゲームでもよく使う言葉ですよね)ぐらいは使った経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)があるのです。

スキンケア(高い化粧品を使えねいいというわけではありませんが、高い化粧品の方が効果が実感できることが多いのもまた事実です)からベースメイク、ポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)メイクまで幅広く揃っていて、メイクのプロも使っている程、品質も確かな大人気の商品です。

>>イブサンローラン商品一覧
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

COACHブランドの魅力 [ファッションブランド]

COACHというのは、1941年アメリカにて誕生したブランドです。ファッションブランドということでしたら、まずはCOACHの話からはじめましょう。

創設者はマイルス・カーン、リリアン・カーン夫妻らです。野球のグローブから始まった会社ですが、コーチ(COACH)という看板は馬車という意味です。


巷間、丈夫で、比較的安価な商品も販売されているといわれています。また、従来は女性向けのブランドというイメージがあったのですが、最近は男性向けのアイテムも充実しています。

上質なレザー商品にこだわっている世界のトップブランド(それを持っているだけで自分に価値があるように思ってしまう人も少なくないでしょう)がCOACHです。

>>COACH商品一覧

そんなCOACH(Cのモノグラム柄のシグニチャー・ラインが有名ですね)の特徴としては、やっぱり、その革製品に対する拘りの姿勢だと言われているんです。

革小物の制作から始まったブランド(デザインが好き、コンセプトが好きなど、人それぞれ好きな理由がありますよね)のプライド(野島伸司さん脚本・木村拓哉さん主演の月9ドラマとして人気を博しました。ヒロインの竹内結子さんを始め、坂口憲二さん、市川染五郎さん、佐藤浩市さんなどの豪華キャストも話題でしたね)として、天然皮革の持ち味を生かした製品作りを目指しています。

レザー(フェイクのものでも、十分にかっこよさを演出できることもあるでしょう)本来の持つ、その美しさと滑らかさ、そして、使い込むほどに味が出てくる特性を活かしたアイテム(最近では、ソーシャルゲームなどで課金して購入したり、ユーザー同士で売買したりされることもあるようです)を、世に送り出し継続する事によっている所がCOACHの特徴です。

「COACH(女性向けのブランドというイメージがあったのですが、男性向けのアイテムも充実していますね)の人気商品って?」と聞かれたら、やっぱりレザー(フェイクのものでも、十分にかっこよさを演出できることもあるでしょう)のトートバッグ(最近では、雑誌の付録などにされていることも多いです)からなのでしょうか。

何でも入れられる使い勝手の良いおおきさと、レザー(フェイクのものでも、十分にかっこよさを演出できることもあるでしょう)だからこそののじょうぶなバッグ(コレクションのように集めている女性もたまにいるようです)に、一時期人気(時には口コミで評判になることもあります)が集まりましたね。

>>生活文化商品なら

けれど、近年、二〇〇一年度に発表された「シグネチャー・モデル(模型のことをモデルともいいますね。プラモデルなどが一般的でしょう)(SIGNATURE MODEL)」がCOACH(Cのモノグラム柄のシグニチャー・ラインが有名ですね)の主力商品となっています。

これは、COACH柄と呼ばれるロゴ模様をあしらったアイテム。今ではスカーフ(熱中症対策に冷たくなるものなども売られています)や傘(置き忘れやすいアイテムのナンバーワンでしょう)という広範囲に展開されているのです。

中でも、定番の財布(レシートなどのお金以外のものを入れておくのは、金運を下げてしまうそうです)は、COACHらしく上質で頑丈でありながら、ポップなデザインからベーシックなデザインまで、多種多様に揃っていますのです。もちろん、レザー(高級感がありますが、お手入れを怠るとすぐに痛んでしまいますね)のバッグ(新作が出たらとりあえずチェックするという方も多いのでは)も高級感溢れるデザインと実用性を兼ね備えた、定番の人気商品でしょうね。

COACH(高級ブランドですが、アウトレット店などで購入できるアイテムもラインナップしています)の商品は、どういうファッションやシーンにも合わせる事ができるその汎用性が高いフォルム(コカコーラの瓶は女性の体のラインをイメージしているそうですよ)と、機能性や耐久性に優れている所が特徴でもありますし、人気の高い秘密だと言えると思います。

>>COACH商品一覧
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション
ファッションブランド ブログトップ