So-net無料ブログ作成

エレキギターはどのように音を出しているか [エレキギター]

エレキギターはどのように音を出しているか

普通の楽器って木製で、叩いたり弾いたりすると音が出ますが、エレキギターって電気の力を借りてますよね。

では、どのように音を出しているのでしょうか?

これから、エレキギターについて説明します。




・そもそもギターって、どうやって音が出るの?
・エレキギターの音が出る仕組み

まず、「そもそもギターってどうやって音が出るの?」ですが、ギターというのは6本の弦からなり、それを弾いて音を出します。

片方の手でピッグを使って弦を弾き、もう片方の手の指でフレットという部分を押さえます。

その押さえたフレッドの箇所により、弾いた弦の振動の長さが変わるので、音を変えていけるのです。

次に、「エレキギターの音が出る仕組み」ですが、エレキギターの場合には、弦を弾くとその振動をピックアップというパーツが拾います。

ピックアップに拾われた振動は電気信号となり、エフェクターにつながります。

エフェクターによって音色に変化がつけられ、それをアンプに運ぶことで音を出しているのです。

アコースティックギターが自然の音色とするならば、エレキギターは電気を使った音色と言えます。

エレキギター1本で様々な音色が出せるのも魅力ですよね。

ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論 600個のコードを導く7のルール

ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論 600個のコードを導く7のルール

  • 作者: いちむら まさき
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 2015/06/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。